Pocket

営業していると、osCommerceとWordPressなどのブログを連携するという話に興味を持っていただける方が多い。osCommerceは、通販の機能としては十分だが、さらに人をひきつけるページを柔軟に作れるCMS(ページ作成機能)が欲しいということだった。WordPressなどのブログで商品ページを作るとGoogleにすぐにキャッシュされるという利点もあるため、私からもお勧めしたい。次に興味をひいていただけるのは、管理機能と他のソフトとの連携機能だ。弥生販売やe飛伝などへの質問が多い。そして、ワンクリックでさまざま機能が動作する自動化処理だ。
 壊れているものやセキュリティホールは直したほうがいいけれど、何もかも自動化すると金ばかりかかるから、できるだけ手動で作業するほうがいい。私のところに依頼されるくらいの規模の通販サイトならメールとノートが一冊あれば仕事になるのではないだろうか。通販も結局は人と人の交流が必要だから、自動化したメールより、人の温かみを感じるメールのほうがうれしいと思う。自動生成したページを自動巡回ソフトだけがチェックしているなんていうのは、なにか「違う」と感じる。