osCommerceを移転するメリットは3つあります。

一つめは、サーバ費用の 削減。サーバもPCと同じで年々、高機能・低価格化しています。同じ機能なら価格が下がっていますし、同じ価格なら機能が高くなっています。数年前に契約したまま継続を続けている場合は、そのサーバ会社の最近の費用やサービスをかくにんしてみましょう。安くて高機能のサーバプランがあるはずです。
サーバ会社によっては転送料を課金するところがありますが、アクセスが多いサイトはこの費用がたいへんな額になります。転送料が0円のところに移転するだけで年間の費用を節約できます。

二つめのメリットは、サーバの高機能化。PHPやMySQLのバージョンがあがるだけで同じ処理ならスピードが速くなることがあります。
MySQLを移転する場合、データを取り出して、新しいデータベースにインポートしますが、この作業だけでインデクスが新たに設定されるため、これだけで処理が速くなることがあります。さらに、レンタルしたサーバがroot権限のあるVPSや専用サーバならAPCなどPHP用のキャッシュ機能を追加できます。ページ表示に少々もたついていたサイトも、移転後はまるでリンクに触れるだけでページが切り替わるような感じになります。

三つめのメリットは、管理の負担低減。ページ表示が速くなることでアクセス数が上がり、当然売り上げもよくなります。売り上げが上がれば、管理にかかる時間も増えますが、これまで時間がかかっていた作業も、ページ表示が速くなることで、快適に作業できます。

当方では、CentOS5、転送料無料のVPSサーバをご紹介しています。
osCommerceと一緒に別アプリの移転もお引き受けしています。
osCommerceの機能追加やセキュリティ対策をお引き受けします。
ここには書けませんが格安のサービスをご用意しています。
THE Worksの見積もり・作業依頼ページ

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。