HYBRID W-ZERO3と比べるとDIGNO DUALの操作性も回線スピードにも大満足だ。
HYBRID はそもそもPHSがつながりにくく、操作中のハングアップもあり、バッテリーもすぐに消費するので最近はほとんど使っていなかった。
Android端末ははじめてで何が何だかわからないまま触っていたがマニュアルを確認することはほとんどなく、使いこなせるようになった。
HYBRIDに比べれば電波のつかみも良く、 ハングアップは皆無で、バッテリーも工夫することでかなり持つようになった。

契約時にケースを購入して、次にメモリー32GB(シリコンパワー micro SDHCカード 32GB (Class10))をアマゾンで購入。
次に、リュードのbluetoothキーボードを購入したが、HIDプロファイルに対応していないので、接続できなかった。
bluekeybord JPをインストールしてみたが対策が取られているみたいでペアリングの画面が表示されない。
あきらめきれないが、断念。
DIGNO DUALには防水のためヘッドフォン用のジャックがなく付属のプラグを充電用端子と同じところにさして利用する。
プラグが直角に作られているため機能的に壊れやすそうで、見栄えが悪いのでSony EricsonのBluetoothヘッドフォンを購入した。
接続のコードがないのはすっきりしていて気持ちいい。
いまは、携帯で使うよりPCと接続してラジオを聞くことが多くなった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。