かなりたくさんのosCommerceのサイトを見てきたためか、
どんなにデザインが変更されていてもわずかに残っている痕跡からそれとわかるようになった。
売れているサイトかどうかもわかる。私の独断的な条件は以下のとおり。
(間違っていても怒らないでね)

  1. 一目見てとてもきれい。
  2. お勧め商品などがわかりやすい。
  3. 法律に沿ったページやメールアドレスがある。

1.は、当然ですね。きれいな商品写真があるだけで画面の雰囲気が良くなります。
この効果は絶大です。さらに商品の色に合わせてサイトカラーが決められていると見ていて楽しくなります。
2.も、当然のことですが、たくさん商品を掲載すれば売れるということはない。探せないほどたくさんの商品を掲載したためサーバも重くなり、ユーザがそこにたどり着けなくなるということになる。お勧め商品やランキングなど、ユーザにメリットのあるコンテンツを日々更新する必要がある。
3.法律に定められた表記がいまだにないサイトがあるのは驚きだ。さらに、メールアドレスがどこにも見当たらないサイトもあり、このような場合はたいていPCやインターネットを使いこなせていないことが多い。これでは、個人情報保護やカスタマーサービスなど無理だと閲覧者に思わせてしまうに違いない。

要するに、売れているサイトは細かいところまで手が届いているということなのだろう。
逆に、荒れ放題のサイトは自分の会社やお店の評価を何もしないということで落としているということに気づいて欲しい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。