興味を持ったテーマの本はネットでランキングや書評を頼りに検索すると短時間で良い本を見つけられる。一方、興味の無いテーマの本に出会うには書店に行くほうがいい。特に目当ての本もなく書店に入り、ぶらぶらと端から眺めていく。興味があろうがなかろうが端から端まで題名を読んでいく。まるで書店の中で散歩を楽しむように。こころにひっかかるものがあれば、手に取って、その装丁の手触りを楽しみ、表紙をながめ目次を確認する。少々混雑しているときに行くと店員の目が気にならず、じっくりとたくさんの本を眺められる。
 最近は、単行本や文庫本より新書の棚の前で多くの時間を過ごしている。手元の本を確認してみると最近刊行された本ばかりを選んでいる。いまの状況を知ることでこの先どうなるかを知りたいという気持ちから購入しているようだ。きのうも一冊購入した。開いた本のページに顔を寄せると新品の紙とインクの匂いに心躍る。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。