お客様から何件か返信があり、geeklogを使っているということが書かれていた。
Zen Cartでページを作成するのに手間がかかるので、geeklogを利用されるという。

オープンソースCMS Geeklog
http://www.geeklog.jp/
サイトに情報があふれどこになにがあるのかわかりにくい。

WikiPediaで調べてみると特徴、欠点、設置条件が手短にまとめられていてわかりやすかった。WikiPediaを読んだ限りでは、テーマ(テンプレート)の部分に課題がありそうだ。

Geeklog – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Geeklog

実は、Zen CartにはWordPressを追加できるようです。

WordPress on Zen Cart
http://www.s-page.net/index.php?main_page=product_info&products_id=50

フレームの中にWordPressのメニューが入り、WordPressのページ作成機能で、無制限にページを追加できるらしい。

最新のCMSやブログとosCommerceやZen Cartを連携させると文字コードの問題が心配になる。全部UTF8になってしまえば仕事がかなり楽になるのに。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。