これまで使っていた自作のパソコンや壊れやすいノートパソコンに比べると、Let’snoteは安心して使えるためか、仕事の効率が上がったようで、いくらか売り上げも良くなった。職人のように仕事に使う道具には気を配るべきだったと後悔した。ハードウェアが安心できる状態なので、さらに仕事の効率を上げるべく、ソフトウェアの面も改善することにした。
当然、仕事にはたくさんのアプリケーションソフトを利用している。
その中でも利用頻度が高いのはWZ Editorだ。アウトライン機能と
バージョン6になって追加されたタブ表示機能が便利で作業したときの内容をログとしてすべて保存している。
しかし、仕事が増えてくると、テキストエディタによる作業管理だけでは、
管理が難しいと感じることが多くなった。
そんなときに、ジャストシステムのxfy Plannerを知り早速使用してみた。TODOリストが使い安いと感じた。入力を簡単にするための画面がでてくるところがいい。作業が終わったら横のボックスをチェックすると項目の上に赤線が引かれて完了する。完了した項目は非表示にできるので、不要な項目が消えてしまうところもいい。リフィルを変えると表示形式が変わるのもいい。試しにWZ Editorで管理していたスケジュール情報をxfy Plannerに移動して日常業務に使ううちにいつのまにか、テキストエディタは作業内容を保存するだけになっていった。
いまでは、朝起きるとxfy Plannerを見ながらあれこれ考えて項目を並べ替えるようになった。思いついた作業を未分類という項目にとにかく登録してしまう。「つめを切る」や「○○さんへ返信」、「仕事の受注」などをなるべく具体的に詳細に登録しておく。テキストエディタとの違いは瞬時に並べ換えや表示形式を変えられるところ。「リフィル」を取り替えることで、カレンダー、ガントチャート、一覧、マップ、マトリックスと変えながら違った角度から作業を分析しながら理解できるところが自分に合っている。

これまで使っていた自作のパソコンや壊れやすいノートパソコンに比べると、Let’snoteは安心して使えるためか、仕事の効率が上がったようで、いくらか売り上げも良くなった。職人のように仕事に使う道具には気を配るべきだったと後悔した。ハードウェアが安心できる状態なので、さらに仕事の効率を上げるべく、ソフトウェアの面も改善することにした。

当然、仕事にはたくさんのアプリケーションソフトを利用している。
その中でも利用頻度が高いのはWZ Editorだ。アウトライン機能とバージョン6になって追加されたタブ表示機能が便利で作業したときの内容をログとしてすべて保存している。しかし、仕事が増えてくると、テキストエディタによる作業管理だけでは、管理が難しいと感じることが多くなった。

そんなときに、ジャストシステムのxfy Plannerを知り早速使用してみた。TODOリストが使い安いと感じた。入力を簡単にするための画面がでてくるところがいい。作業が終わったら横のボックスをチェックすると項目の上に赤線が引かれて完了する。完了した項目は非表示にできるので、不要な項目が消えてしまうところもいい。リフィルを変えると表示形式が変わるのもいい。

試しにWZ Editorで管理していたスケジュール情報をxfy Plannerに移動して日常業務に使ううちにいつのまにか、テキストエディタは作業内容を保存するだけになっていった。

テキストエディタとの違いは瞬時に並べ換えや表示形式を変えられるところ。「リフィル」を取り替えることで、カレンダー、ガントチャート、一覧、マップ、マトリックスと表示を変えながら違った角度から作業を分析・理解できるところが自分に合っていると思った。

いまでは、朝起きるとxfy Plannerを見ながらあれこれ考えて項目を並べ替えるようになった。思いついた作業を未分類という項目にとにかく登録してしまう。「つめを切る」や「○○さんへ返信」のようになるべく具体的に詳細に登録しておくとあとでやりやすい。

登録した後に、TODOをプロジェクトごとに分類しておくとわかりやすい。
開始日時と終了日時を入れてダイアリータイプのリフィルで見るとスケジュール帳のように表示されて見やすい。

Let’snoteにxfy Plannerをインストールしたことでさらに仕事マシンとして作業効率が上がった気がする。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。