修理に出すのが面倒でぐずぐずと机の片隅で埃をかぶっていたノートPC。Acerにメールで現状の様子をしらせたところこちらに送って欲しいというメールを受け取ったのが2008年11月頃で、なんとか2008年も終わりに近づいた頃に埼玉の配送センターに送付した。送料はこちら持ちで帰りの送料はAcerが支払うということだった。
年が明けて、AcerからFAXが届いた。
Windowsシステムに不具合があった(何それ?)という理由で、ハードディスクのデータを消していいかという内容だった。承諾のサインをして送り返して、数日後に、Aspire 5720G が返ってきた。
メモリーを4Gに変えるときに底面のシールを剥いだので保証が効くのかどうかも心配だったが無償で修理できた。
外部を点検してみるとピカピカの天板に数センチの縦の傷がついていた。がっかりしたが、内部が修正されていたらいいと自分を納得させ、起動してみた。すぐにWindowsのメモリテストを実行した。1度もうまくいったことがなかったが、購入してはじめて成功。テストのためYahooの映画を流してテストしてみたがボディガードを最後まで見ることができた。
ここまで1月に書いてブログを公開しようとしたところAspire 5720
Gがまたまた停止するようになった。手順どおり新しいドライバをインストールしたがフリーズする症状は解消しなかった。
面倒なのでそのままにしておいた。

最近、PC用の地デジチューナを購入したが、Let’snoteではパワー不足で快適に表示できない。仕方なくAspire 5720Gで見ているが、どこがわるいのかわからないくらいにフリーズするし、シャットダウンするようになった。

先日、Let’snoteの調子を見るときに使ったProcess ExplorerをAspire 5720Gにもインストールして調子をみることにした。フリーズするときの状況を確認できれば直せるような気がした。

全部外したはずだったのにまだAcer独自のアプリが動作していたことに気付いた。msconfigを使って起動しないようにした。
フリーズ直後に起動するとこのアプリが起動していたので気になっていた。
外部液晶用のソフトも邪魔だったので削除。削除したら、ブルーバックでエラーメッセージまでるようになった。
再度、Acerのサポートページでドライバをダウンロードした。
動画を見ているときによくフリーズするのでビデオ関連のドライバを更新するつもりだった。
以前は、ヨーロッパのサイトに接続して非常にわかりにくい一覧からダウンロードしなければならなかったが、今回はとてもわかりやすいインターフェースになっていた。BIOSのバージョンも上がっていたので、すべてのドライバをダウロードしてBIOSもふくめ全体をアップデートした。

アップデート後、動画を流して朝までそのままにしてみた。朝起きてこわごわ見てみると、地デジが表示されたままだった。フリーズしなくなった。Aspire 5720Gも修正できたようだ。

いま、考えてみると、公開されていたドライバにもバグがあったのかもしれない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。