osCommerceから移転したいお客様のために、最近はCS-Cartを勧めています。
データのインポート機能があるのでそれに合わせてosCommerceからデータを出力してインポートできます。CSVのデータの意味を理解できるまでに少々時間がかかりましたが、商品データにオプションやカテゴリを設定してインポートするだけで、商品データと一緒にオプションやカテゴリが登録できる機能は便利です。

ところが、CS-Cartのインポート機能では、たとえCSVの中に商品IDを指定していても無視して順番に番号が付与されます。商品IDの場合、時間がなかったということと、商品数が比較的少なかったことなどからmod_rewriteで対応しました。カテゴリーはテーブルの構造を確認して、直接データベースに登録することでうまくいきました。

セットアップ後、何点か動かない機能がありそのうちの一つはバグだと確認できたので国内の運営会社へ報告したところ、すぐにパッチが送られてきました。作業中にバージョンアップがありましたが、私のインストールしたCS-Cartはうまくアップデートできず、新しくインストールしなおしました。

osCommerceでセキュリティ対策ばかりしていましたが、今後は、確実にアップデートされるCS-Cartとマネージドサーバの組み合わせが通販サイトには最適だと思います。

osCommerceからCS-Cartへのサイト移転についてのご相談はinfo@www.ynagata.comまでご連絡ください。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。